1. トップページ
  2. チラシ・広告・ポスティング【禁止・お断り】ステッカー

チラシ・広告・ポスティング【禁止・お断り】ステッカー

チラシ・広告・ポスティング

マンションやテナントオフィスビルの集合型メールボックスや、個人宅のメールボックスにもご利用出来ます。 アパートマンション等の集合住宅の共用部は、全くの部外者が商談や宣伝PRあるいは広告物の投函などの行為を働くことは、管理組合の明確な意思表示によって排除することが出来ます。ステッカーを貼るだけで効果が見られる場合もありますので、迷惑対策の一助としてご使用下さい。

 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:詳細ページ内参照
■ カラー:白 水色 グレー ブラウン
■ それぞれ異なるポストサイズに対応
■ 1シート単位で販売

>> 商品詳細ページヘ


 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:W22.5mm×H150mm
■ カラー:白 水色 グレー ブラウン
■ 10枚から発注可能

>> 商品詳細ページヘ


 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:W15mm×H100mm
■ カラー:白 水色 グレー ブラウン
■ 10枚から発注可能

>> 商品詳細ページヘ


 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:W11.25mm×H75mm
■ カラー:白 水色 グレー ブラウン
■ 10枚から発注可能

>> 商品詳細ページヘ


 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:W22.5mm×H30mm
■ カラー:白 水色 グレー ブラウン
■ 10枚から発注可能

>> 商品詳細ページヘ


 

広告投函禁止ステッカー

■ サイズ:W100mm×H130mm
■ カラー:白・水色・グレー・ブラウン

>> 商品詳細ページヘ


 
 

☆ 迷惑チラシ・広告物などの排除方法

ネット社会が急速に高まり、広告チラシ、ビラなどの古典的営業手法は減少傾向にあるものと考えていましたが、そうでもないようです。後から後から、いろんな広告チラシ類が舞い込んできます。 マンション等集合住宅は、比較的交通の便がいいところに所在し、いっぺんに大量の広告ビラ・チラシを捌けるところから、配布業者から常にターゲットにされるようです。
「迷惑チラシの排除方法」といってもポスティングを100%排除する方法はありません。

迷惑チラシに有効な対策をあげると、
★ 拒否の姿勢を明確に表示(掲示)することです。

「部外者立入禁止」「チラシ投函お断り」などの貼り紙・看板を外部から入ってくる業者等の目に付く位置に掲示する。 これは一戸建住宅にも、集合型住宅にも有効な方法です。 ネット上の 掲示板、ツイッターをひと通り調べてみました。 ポストに「チラシ投函禁止」の表示があったとします。投函する側の人(=アルバイトさん)の対応は様々です。
・表示があるポストには入れない。入れても逆効果だから。
・投函する。部数を大量に捌かなければいけないのでそんな表示に構っていられない。
・投函しない。広告主から表示があるポストには入れないよう指導された。
・投函する。チラシではなくて地域のフリーペーパーだから。
・ポスティングのバイトをした時、あらかじめ「禁止表示」のあるポストには入れないよう指導された。
等です。 一方、自主的にポストに「禁止表示」を貼り出した人の方は、「なくなった。」「かなり減った。」という意見がかなり多いように見受けられます。 もちろん世の中には、ネット上の掲示板やツイッターに敏感に反応する層と、ネットに全く無関心な層があり、この場合前者の会話であります。従って、社会全般に通ずるとは言えませんが、やはり一定の効果はあると考えます。

マンションの場合は玄関・風除室などに集合型ポストがあり、自宅のポスト口に「チラシ投函禁止」と貼り出してもいいです。ですが、できればマンション全体の総意として、「部外者の立入禁止」「チラシの配布投函禁止」などを玄関等、業者が立入る際に眼につき易いところに「マンション管理組合」「マンション管理規則」などきちんと掲示することで、マンション全体で拒否の姿勢を明確にすることでより一層の効果が得られるものと考えます。

 

ページの上部へ

商品カテゴリー

ご利用ガイド


営業日カレンダー

  ※赤字が休業日です。
シールステッカーweb探検隊